引き寄せる

お客様に、今の関係を継続してもらうためにすること


一度お客さんになってもらったら、それで終わり?そんなの絶対にもったいない。

会社員のときに、この辺のことをよく分かっていませんでした。本当に損をしていたと思います。

なんでこうだったのかな。たぶんですが、毎月毎月、営業のノルマに追われていたからだろうなぁ。毎月上司にイヤミを言われないようにと必死で、すごく自分勝手でしたし、本当にお客さんのためを思って仕事できていたかと考えると、何も言えない。

自分なりには結構売り上げをあげていたタイプだと思うのですが、もっと「親身になる」が出来ていれば、もっともっと営業として成長できていただろうなと思います。

今あらためて田舎で個人事業主をやっていて、この辺を大切にしなければと思っているところです。

では、一度買っていただいたお客様に継続して頂くには、どんなことをすればいいでしょうか?

お客様に継続してパートナーになっていただくための方法

①期待以上の成果を出す

まずは、お客様の期待を上回ること。それも、できるだけ大きく。

「やっぱり頼んでよかった」そう思われたらこちらの勝ちです。逆に、そう思われなければ次は無い。

これだけの価格なのだから、これくらいのサービスで。そう思った瞬間にご縁が終わります。

5万円を払ってもらったなら、10万円、30万円の価値を提供していくぐらいの気持ちが必要です。

もったいない、こちらの手間が増える、そんなことは絶対にない。期待を上回った分は、かならず次回に返ってきます。しかも、倍になって。

②ちょくちょく連絡して顔を出す

継続したお客様を増やすには、結局、思いだしてもらうのが一番です。

お客様がお店をやっていたらそこで買い物、飲食をする、なにか新しい情報があれば連絡をする。

足で稼いだ方が効率がはるかに良いことに、30を超えてやっと気が付きました。

コロナでなんだかんだと理由をつけたくなりますが、やはり会えば、ちゃんと話ができる。新しい情報だってもらえます。

また来たの、なんて言われたってなんのその。毎週行くくらいでちょうど良いと思います。

いいお客様になってくれた、上野のレバニラ定食がうまいお店、もっと顔を出せばよかったなぁ・・・なんて、今更ながら。

 

お客様とのコミュニケーションだって、結局は人間関係。

絆を図太く強くしたものが勝つのです。これは大手には出来ないところ。なんたって、大手は転勤がありますからね。

マンチェスター戦略ではありませんが、地場のコミュニティこそが根強い商売になります。

自分だけのお客様コミュを蜘蛛の巣のように張って、ちょっとやそっとでは壊れないようにしたいと思っています。

-引き寄せる

© 2021 イロイロスルー