神様に好かれる

自分の守護霊はどんな人ですか?|スピリチュアル質問への解答

「私を守ってくれている守護霊はどんな人ですか?」

守護霊についての質問を多く受けます。

自分を守ってくれている存在がいると分かると、なんだか嬉しいですよね。

「あなたには○○がついてくれていますよ」と言われたら、なんだかそればっかり気になっちゃったりして。笑

実際、私が霊視して視えた範囲では、みなさん「守護霊」と呼ばれる存在はついてくれている事が多いです。

あんまり、「全然いない!」っていう人は見た事ないかなぁ。そもそもそういう人に会っていないだけ、かも知れませんが。

そもそも「守護霊」とは何か?

これはすごーく定義が難しいかなと思います。そもそも定義するような存在でもなし。

ですが、あえて言うのであれば、あなたを守ってくれている存在たち、ということになります。

「存在たち」なので、一人ではありません。大体は、集団です。

どんなふうに視えるかというと、菩薩像なんかの後ろに背景のような、丸い光のようなモチーフ(光輪)があるかと思いますが、あんな感じで曼荼羅のように、複数の存在として視えている感じです。

なので、「守護霊様は誰ですか?」と聞かれても、非常に答えにくい。誰のことを言えばいいのか分からないから笑。

この、あなたを守っている集団の方が、あなたがピンチや手助けが欲しいときに、それぞれの専門として「では私が!」というふうにヘルプしてくれています。

恋愛に困っているときはこの人、仕事で困っているときはこの人、という風に。

あなたの後ろで、エキスパートの集団が控えてくれているわけです。心強いですよね!

どんな人が守護霊になってくれるのか?

これは、ある程度「魂の修行・カリキュラム」を終えた方が守護霊になっている場合が多いです。

なので、直近で亡くなられたご両親・お子さん・ご親族が「守護霊」として後ろに控えている例はあまり見かけません。

人は、なくなったら、それまでの人生を振り返る「魂の修行」のようなものが用意されています。仏教で言えば、仏の道ということになるのでしょうか。

これを終えて、さて次の人生はどういうふうに生きますか、と転生するわけです。

この修行の長さは、人によって異なります。反省すべき点が多い人は、当然長くなります。

また、修行の道の途中で、配偶者の方が「こちら」へ来るまで待っている、という方もいらっしゃいます。

私の、早くに亡くなった親戚は、自分の母親が「こちら」へ来るまで、「上」に上がらずに待っていました。

その人のためを思えば、できるだけ早くに「成仏」「上がる」方が良いわけだけれど、家族への愛情や未練で、そういう風にして成仏を延期している方はおられます。

肉親の愛情・未練というのは難しいなぁ、と思うところです。

少し話がそれましたが、そういうわけで、この修行を終えた存在が「守護霊」として守ってくれることになります。

いわゆる「ご先祖」である場合もありますし、あなたの魂と縁がある人だったりします。

私には、前世でお世話になった「先生」が今も教え子を心配してついてくださっています。当時はすごく迷惑をかけました・・・

今まで霊視をした方の例でいえば、前世の「親友」がついている方も居られました。

このように、血が繋がっていない方が守ってくださっている例も多くあります。

守護霊はどんなときに助けてくれるのか?

あなたが前に進もうとしているとき、頑張っているとき、ピンチのときです。

なので、何もしていなければ当然助けてなんてくれません。

宝くじを当ててくれるわけじゃないですからね笑。怠け心があって生活していれば、手を貸さないのが親心というものです。

また、願うことで助けてくれる、というものでもないと思います。必要なときには、必要に応じて手を貸してくれます。

この点は「神仏」「神様」「天使」「精霊」といった存在とは異なるところです。

じゃあ、守護霊に助けてもらえるような人は、どうやって生活しているの?」と言えば、

自分が本当に「やりたいこと」「目指したいこと」に向かって、頑張って生活しています。何も特別なことをしていません。

すすむ道が「本当にやりたいこと・目指したいこと」である、というのが大きなポイントです。

「本当は○○になりたいけど・・・無理だな」「本当は○○で仕事をしたいけど・・・」

という状態では、難しいでしょう。だって、本当に望んでいないことに手を貸すのは、あなたのためにならないからです。

守護霊は、あなたが望む道へ進むのを応援してくれている

自分の望む道はなんなのか、そのコンパスを忘れないようにしましょう。

ちょっと方向が違ったら、また進み直せば良いのです。方向さえ間違わなければ、ちゃんとたどり着きます。

その軌道に沿っているとき、あなたに助けが必要なときに守ってくれるのが、守護霊という存在だと思います。

自分にもそういう存在がいてくれるのだと自信を持って、進んでみてくださいね。

 

いつも読んでくださってありがとうございます。

応援はこちらから。


霊視ランキング

-神様に好かれる

© 2021 イロイロスルー