神様に好かれる 自己肯定感アップワーク

「本当の自分」について理解しているかを考えてみよう|霊視の観点

あなたの「本来の性質」を花開かせていますか?

「本当のあなた」というのは、どういうものでしょうか。

仏教の考えに基けば、「そんなものはない!全ては空であり色!縁起である!!」となるわけで、私はこの考え方に思春期の頃はずいぶん救われました。

とかく、「本当の自分」には、なんだかキラキラしたような原石が眠っていると信じがちです。

もちろんそういうこともあるのでしょうが、そればっかり探していると、いつまでも「自分探し」の沼から抜けられなくなってしまいます。

他人と比較すれば隣の芝が青いわけですから、自分の肯定感を高めるためには、誰よりも煌めく原石がいてくれなければ困る、ということですね。

よって、私はしばらく「本来の自分など存在しない。全てはご縁によって形作られる、変化するもの」というふうに「自分」を捉えていました。

しかし霊視でセッションを繰り返していくうちに、「どうも、合っている部分もあるけど、違う部分もありそうだ」ということが分かってきたので、シェアしたいと思います。

魂の性質が「形」になって視えることがあります

これは私だけなのか、他の霊視できる方もそうなのかは不明です。

なので、見えている「コレ」をなんと表現すれば良いのかわかりません。

ですが「どうやら、そうらしい」という自分なりの理解だけで表現するならば、その人の本来の魂のあり方が、形となって視えることがあります

これは人によって千差万別、十人十色というやつで、同じものには出会ったことがありません。

龍や鳳凰、玄武、白虎という四神であることもあれば、精霊のようだったり、動物のようだったりします。

これらはもちろん、自然霊としての龍神とは別のものです。魂が龍の形をとっている、という状態なのだと思います。なので、ここからは一応、「龍」として区別してお伝えします。

いわゆる「ハイヤーセルフ」というものなのかもしれません・・・すみません、どうも用語に疎いのです・・・

霊視していると、その「龍」たちの方からメッセージをもらうこともあります。

そこで言われること、その「龍」の状態から察するに、どうやらセッションを受けている方が「本来の自分らしく生きているか」どうかということが、「龍」にも影響しているようです。

具体的に言うと、自分を制限したり、何か思い込みに捉われている人は、「龍」の上に「天井」があって、自由に動けない状態になっていたりします。

つまり自分で自分の「限界」を決めてしまっている、と言うことですね。そうなると、「龍」はすごく窮屈そうだし、面倒くさそうです笑。

東京で「龍」を井戸から出してきた話

私は普段田舎に住んでいますが、たまに用があって東京に出ることがあります。

東京で必ず寄るようにしている、お世話になっている場所がいくつかあるのですが、そこのオーナーの「龍」を外に出す、ということをしたことがあります。

東京に行くと予定が決まった時から、オーナーの(亡くなった)ご家族がコンタクトを私にとってこられて、「本来の魂の状態にする手助けをしてほしい」ということだったのです。

どれどれ、と視ると、オーナーの魂が持つ原風景の「井戸」の中に、綺麗な青龍がいるのが見えます。井戸の蓋は開きそうで開かない。なんだかもったいない状態です。

とはいえ、私の方もそんなことをするのは初めての状態でした。どうしたら良いものか、検討もつきません。

すると、不思議なことに「龍使い」のスピリチュアルカウンセラーに出会い、どうやれば良いのかを聞くことができました。

また、ふとした瞬間、書籍(マンガですけど・・・)から、うまい結界の張り方を会得することができました。

最後には、オーナーに会う前日に登った高尾山の天狗に、井戸の蓋を吹き飛ばす「風」の起こし方を聞くことができました。

そんなこんなで色んな人の助けがあって、結果的にとんとん拍子に「龍」を出す、ということが出来たのでした。

「どうやって出したの!?」というのは、また今度。笑

「龍」が出た人はどうなるか

さて、「龍」を出されると、どうなっちゃうのでしょうか。

オーナー本人の体感がどうかはわかりません。何も変化を感じないのでは、と思います。笑

しかし、私から見れば、というフィルターはかかりますけれども、どうも「吹っ切れた」というか、「前よりも素直になれている」ように見えます。上からで、大変失礼な話ではありますが。

そんな風になれば、当然「生きやすく」なりますし、楽になって、新しいアイディアが沸くようにもなります。

おそらくオーナーは次のビジネス展開を行動に移すでしょう。次の展開が楽しみです。

自分の「龍」を外に出す方法

みんながみんな、霊視してもらって「龍」を出せれば良いですけれど、そういうわけにも行きません。笑

ではどうすれば良いかというと、方法は一つです。

自分の心の声に素直になること。

それだけ。

日常生活で「大人」として行動していると、本当にやりたいことに気づくける機会は滅多にありません。

本当は昼ごはん何が食べたいのか、それすら分からないことだってあるでしょう。

これは訓練が必要です。脳トレのようなものですね。

できるだけ、いつも自分に問いかけるようにしてみてください。「本当はどうしたい?」ということを。

そして可能なら、それをノートに書き留めていきましょう。好きなノートとペンを使って、気持ちを盛り上げるのも良いですね!

私はまさに今これを実践して、2冊目のノートに突入するところです。

ぜひ皆さんも試してみてください。あなたの本来性が輝き出しますように。

 

今日もありがとうございました。応援はこちらから。


霊視ランキング

-神様に好かれる, 自己肯定感アップワーク

© 2021 イロイロスルー