神様に好かれる

【運命を切り開きたい人へ】おすすめしたい神社【氷川神社】

YouTube動画はこちら

武蔵国一宮 氷川神社(埼玉県)

今日は埼玉県さいたま市の大宮にある、氷川神社をご紹介します。

大宮駅から歩いて10分から15分の距離にある、参道が長くて立派な神社です。

参道の端から端まで歩くとだいぶ距離があるので、地元民はみな参道をショートカットして参拝しています^^

氷川神社は各地にありますが、関東ではこちらが武蔵国一宮です。メインの神社、というイメージですね。

氷川神社ってどんな神社?

氷川神社とは、素戔嗚尊を祭る神社のことを指します。

素戔嗚尊といえば八岐大蛇伝説。なので、龍神と縁が深い神社ですね。

スピリチュアル的に言うと、ここはおっきくて立派な龍が住んでいますよ!

氷川神社の見所

一番の見所は、小さなお社がたくさんあって、神社のテーマパーク的になっているところです。

コンパクトにまとまっているので、お社全部を参拝することも十分できますが、本殿参拝の後におみくじを引いていただいて、そこに書かれた「信心すべき」神社に参るのも一つです。

龍の池

手水の手前に、赤い橋がかかった大きな池があります。

この池はさいたま市見沼区の地名の由来にもなっている、かつてあった「見沼」という沼の名残だそうです。

「見沼」には昔から、龍が住むという言われがありました。

その沼の龍神だったかはわかりませんが、氷川神社の「龍の池」には龍神様が住んでいます。

この画像よりはいぶし銀の、大きくてかっこいい龍神様ですよ!

天気が悪い雨の日には「龍の池」に潜って顔を出していますし、天気のいい日には気持ちよさそうに空を飛んでいます。

宗像神社

龍の池に突き出るような形で、出島のように「宗像神社」のお社があります。

この宗像神社には弁財天様がいらっしゃいます。

コロナ等で人の集まりが制限されない時は、氷川神社では毎年「十日市」が12月10日に開かれます。

この十日市では、弁財天様が大活躍。

ちょうど十日市に合わせて、その日だけ配られる縁起物があるんですね。そこに商売繁盛、七福神の加護をつけてくださっています。

特に、美容関係、メイク、ヘアメイク、ファッションなどの仕事に就いている方にはおすすめしたいスポットです。

蛇の池

埼玉の氷川神社に訪れたら、絶対に行って欲しいのが「蛇の池」です。

先ほどご紹介した「龍の池」の源流にあたります。

2年ほど前に解禁されたばかりで、その前までは立ち入り禁止になっていた聖域でした。

こちらがその写真です。

普段、何も感じない、何も視えないという方でも、落ち着いて清々しい雰囲気を味わうことができると思います。

では「視える人」の私にどう視えているのかというと・・・

蛇の池の端から端までめいっぱい、大きな、金色の光の柱が立っています。

上空高くまで繋がっていて、そのさきがどうなっているのかまでは視えなかったのですが、どうも天界に繋がっているようです。

蛇の池そのものが、新しい龍が生まれて天に登っていく、「はじまり」の場所なのだなと知りました。

あたり一体に、生まれた龍を寿ぐ、「祝福」のエネルギーで溢れていました。

ここはみなさんにお勧めですが、特に「起業したい」人にはもってこいです!

または、自分の運命を新しく切り開きたい人、何かを始めたい人、

スピリチュアルな意識に開眼したい人・・・なんかもいいかもしれません。

実際、こちらの氷川神社はあの江原啓之さんが開眼した神社なのだとか。

蛇の池は本殿から少し離れた場所にあるので、知らない人は通り過ぎてしまいやすいです。

ぜひ事前にチェックして、忘れずに参拝してみてくださいね。

-神様に好かれる

© 2021 イロイロスルー