神様に好かれる

龍神が「つく」人ってどんな人?特徴とおススメ神社を紹介

スタンドエフエムはこちら

龍神が「つく」人ってどんな人?

龍神が「つく」というと、すごく特別なことのように思えます。

なんだか、そんな本もありますよね笑

私は人の魂の形というべきか、その人を「加護」している神様の形が、視えることがあります。

そうなると、お猿さま、鳳凰、お狐さま、人によっていろいろいらっしゃいますが

龍神さまがご加護されている方も、中にはいらっしゃいます。そんなに珍しくはないですよ笑

龍神が「つく」人の特徴

  1. 独立心が強い。自由を求める傾向が強い
  2. 結果、自然と開業・社長になりやすい
  3. 目上の同性に好かれにくい

大まかには、こんなところがあります。

龍神がついている方に社長さんが多いのは、私にはすごく納得できる話です。

なんとなくですが、一念発起して「よし、やるぞ」と社長になるよりは、やむにやまれぬ事情で開業した、なんて人が多かったりします笑

さらに、龍神と言ってもワンパターンではありません。

滝を登るように、多少うろこが剝がれてもお構いなしに上昇する昇龍もいれば

時を待ってガブリと食いつく、伏せる龍と書くような龍もいれば

自由に空を飛んで遊ぶような、龍神様もいらっしゃいます。

それぞれの経営者の性格や、経営手法に現れていたりするから、面白い話です。

龍神がついているかたにおススメしたい神社

総じて龍神系の神社はおススメしたいところですが、それ以外にもご紹介したいところがあります。

1.愛宕神社

愛宕神社のホームページはこちら

東京都にある愛宕神社は、出世開運に有名な神社です。

とくに「出世の階段」は、江戸時代から続く故事。

このように古くから語り継がれている、風習にされていることは、それだけ呪術的なパワーがあります。

我こそは「昇龍」である、または「昇龍」になりたい、何としても運気を上げたいという方は、ぜひ男坂から参拝されてください。

2.戸隠神社

戸隠神社のホームページはこちら

長野の戸隠神社は有名な「九頭竜」の神社です。

山全体が神域となっており、奥の院を含めて5社回って、総称を「戸隠神社」と言います。

私は秋の紅葉の時期に参拝しましたが、「鏡池」という池は、紅葉が鏡のように水面に移り、本当に絶景です。

ここは龍も休まれる場所なので、大変なパワースポットだと思いますよ。

ぜひ頑張って登山して参拝してみてくださいね。

ここは、人脈を広げたい、アンテナを広げたい、人材系のビジネスをしたいなど、「浄化」「広がり」を求める方にお勧めしたいですね。

3.箱根神社(九頭竜神社)

箱根神社(九頭竜神社)のホームページはこちら

基本的に水のあるところは「龍」にまつわることが多いですね。

川の流れを「龍」に例えることが多いからだと思いますが、箱根の九頭竜神社もその一つです。

言うまでもなく、恋愛成就に有名ですね。

4.氷川神社

氷川神社のホームページはこちら

埼玉県さいたま市、大宮の氷川神社は、素戔嗚尊が祀られている神社です。

素戔嗚尊は八岐大蛇を退治したことで知られていますので、「蛇」と縁が深く、そのおかげなのか、この神社には龍神さまがいらっしゃいます。

一時期オーラの泉で有名になられた、江原啓之さんもここで開眼なさったとか、なんとか。

とくにおススメなのは、最近解禁された「蛇の池」という場所。

ここは龍神様がお生まれになる場所ですね。非常に天界と近いので、願いが届きやすいかと思いますよ。

ここに参拝なさるなら、開業したい人、独立したい人、自分の人生を切り開きたい人、でしょうか。

早朝の人がいない時間帯がgoodです。

 

こんなかんじで、おススメしたい神社をご紹介できればと思います。

-神様に好かれる

© 2021 イロイロスルー