神様に好かれる

霊視できる人が神社でなにを見ているのかという話

スタンドエフエムのリンクはこちら

 

伊勢神宮に参拝したときの話

「視えるひとが神社に行ったときに何を視ているのか」

これはよく聞かれることがある質問です。

もちろんすべて良いものばかりではなくて、例えば「金運にいい」「恋愛運にいい」と有名な神社なんかは、人の念がよどみのように溜まって落ちていることがあり、それを避けながら歩くこともあります。

そういう神社は、ぜひ参道の中心を歩くのをおススメします^^;

しかし、そうでない神社もあり、例えば伊勢神宮では素敵な体験をすることができました。

伊勢神宮の神主さん、神通力あるんじゃないか疑惑

お伊勢さんの境内には、なんていうことのない大きな石が、しめ縄をして鎮座していることがあります。

普通工事をしたら取り除きそうなものですが、通行の邪魔になる場所にわざわざ残して、しめ縄までしてあるのです。

スピリチュアル的にはこの石がどうなっているかというと、この石から上空に向かって、間欠泉のように、ぶわっと、霊気、神気、エネルギーのようなものが噴出しているのです。

霊気のしぶきが舞い上がって霧のようになって、私は境内を歩きづらかったほどでした。

この石のこと、視える人がいないと、わからないと思うんだけどなぁ。

伊勢神宮の神官になる人の中にも、いわゆる霊視というか、視える力がある人がいらっしゃるのかもしれません。

伊勢神宮の内宮であえた、人でないものたち

実際には存在しない、白い色の動物たちに会うことができました。

例えばうさぎ、鹿、馬、そんな形に近かった。自由に境内を闊歩していました。

また、天狗にもお会いできました。

天狗というと、黒っぽい衣装を着ているイメージがありましたが、伊勢神宮で出会う天狗はみな鼻が長く、白い服を着ていましたね。なにか理由があるんだろうか?

伊勢神宮の内宮で参拝した神様たち

内宮には、天照大御神さまのほかにも、様々な神様がまつられています。

天照大御神さまの参拝は、もう体中の毛が逆立つような、背筋がどこまでも伸びるような気持でしたが

印象に残っているのはほかにも、「風宮」でしょうか。

人生に良い風が吹くように、お願いいたしました。

伊勢神宮の外宮で月読命にお会いした話

外宮の月読さまの神社に参拝したとき、たまたまお顔を見せてくださいました。

これは神様のほうから見せてくださらないと視えないので、本当に幸運だったわけですが・・・

どえらいイケメンでした!!

この世のイケメンの中で一番イケメンだと思いました笑

木の上で、優雅に片膝を立ててもたれかかっておいででした・・・またお会いしたい^^

 

こんな感じで、私と神社に行くと、結構楽しいことが起こると思います笑

視えたからと言ってエラいことは何もないわけですが、みなさんにも想像の翼が広がって、イメージできたら、楽しいなと思います。

 

-神様に好かれる

© 2021 イロイロスルー