パワーストーン

神様に好かれる|成功した人はみんな知ってる?パワーストーンの使い方

一時期流行ったパワーストーン、みなさんは持っていますか??

流行りましたよねー、パワーストーン。

男性や仕事の場には「タイガーアイ」という茶色の猫の目のような石を、恋愛運には「ローズクォーツ」や「アメジスト」を、みたいな。

なんなら、怪しげな雑誌の後ろの方に、たいがい広告が載っていたりしました。今でもあるのかしら??

「わたしは、このブレスレットのおかげで、億万長者に!!」みたいな。んなわけあるかい!笑

でもね、ここまで書いておいてなんなんですが、パワーストーンって、スピリチュアル的にはすごく使いやすいアイテムなんです。

パワーストーンがスピリチュアル的に使いやすい理由2つ

①力を吸って、吐く

ひとつめは、力を吸い、吐くという機能。

例えば神社を参拝する際にパワーストーンを身に着けると、石が神社のエネルギーを吸っておいてくれます。

それを日ごろ身に着けておくことで、徐々に日常生活でも神社で得たエネルギーを受けることができるんですね。

また、仕事や何かで致し方なく、ちょっと嫌な雰囲気の場所に行ったり、嫌な会合に出なければいけないとき。

こういうときにパワーストーンを持っていくと、その場の嫌なエネルギーを吸って、あなたに害が及ばないようにしてくれます。

もちろん、嫌な場所に行った後のパワーストーンは、浄化(流水に15分程度さらす、など。水道水でOK)が必要です。

②足りないところを補う

ふたつめは、あなたの足りないところを補う、という機能。

これは一般的なパワーストーンに言われている効能を思い浮かべて頂ければ結構です。恋愛運とか、そういうやつ。

まぁそういうのは、効果としては、「・・・あるかもね?」ぐらいに考えておいてください笑

そういうのに加えて、もう少し本質的なこととしては、例えば心身の健康を守ったり、直感力を鋭くしたり、守護をしたり、そういう力があります。

なので、ちょっと疲れ気味かな?という方は、癒しの石を持つといい、ということになりますね。

 

一方、パワーストーンはどうにも扱いが難しい面もあります。それは、次の通りです。

パワーストーンのスピリチュアル的な扱いが難しい理由2つ

①人によって相性のいい石、そうでもない石がある

これです笑 相性、っていうのがあるんです。なんでも良いってわけじゃないんだよねー・・・

例えば精神がちょっと不安定気味な人にとって、純粋な水晶は、「強すぎる」ということがあります。ともすれば、心に穴が空いちゃうんですね。

逆にパワーにあふれている人にとって、混ざりもののあるアベンチュリンは「物足りない」かもしれません。ただのアクセサリー。

当然複数の石が組み合わさっているブレスレットであれば、石同士の相性も、複合の効果も変わってきますね。

また、普段使い、仕事のとき、とっておきのタイミングなど、ものによっては身に着けるタイミングが違います。

さらには人によってエネルギーを吸って吐くのが「左回り」か「右回り」かというのがあるので、付ける時の手が右手、左手かというもの違います。

つまりこの辺のことを分かっている人に見繕って貰って、身に着け方の指導までしてもらって、という段階を踏んで始めて意味があるアイテムになるんです。

②高いパワーストーンだからと言って、効果が高いという訳ではない

そうなんです!高いからって、力があるわけじゃないのよ!!

小粒ほどの大きさの水晶だって、ものすごく力があることもあれば、でっかいけど、ただのアクセサリー、なんてこともあります。

何て言うんですかね・・・その石の、「性質次第」みたいなところもあるんですけど・・・石がどうありたいか、というか・・・

ちゃんと選んでもらう必要がある、ということです。

ちゃんとしたパワーストーンが欲しいよ!という人へ

信頼できるスピリチュアル的な人が身近にいる場合は、その人に相談なさってください。ちゃんと、どういう風に石を使いたいのか伝えてね。

あとは原産地にこだわる方もいらっしゃいます。土地によって得られるエネルギーがちがうのだとか。

そこまでではないけれど、まずは自分に合うものをお手軽に手に入れたい場合は、こういうサイトもあります。



ぜひうまく付き合ってみてくださいね!