自分で養生をする 自己肯定感アップワーク

自分で養生をする|ストレスでお腹の調子がわるいときのメモ





ストレスでお腹の調子って変わるよね

いつもお腹を下し気味だったり、便秘と下痢を繰り返したり、どうにも調子がでないときってありますよね。

とくに電車の中でお腹の調子が悪いときなんて、この世の終わりかと思うくらいです。

私も東京でストレスにさらされていたとき、お腹が冷えて背中が張って痛くて、とにかく不調の連続でした。

そういうとき、たいてい、その時の上司や先輩と折り合いが悪かったりします笑

日本人は「気」がお腹に影響しやすい?

これは西洋の宗教や哲学を学ぶと分かりやすいのですが、西洋人はどうも、物質的な「身体」に、理性的な「精神」が宿っていると考えます。

つまり、身体と精神がはっきりと分断されているんですね。身体は、この世に生をうけたときに神から借り受けた「器」です。

一方でアジア圏の考え方としては、「理」と「気」のような考え方はあるものの、身体と精神は分かちがたいものです。

とくに日本では精神を「腹」と表現します。

「腹の虫がおさまらない」とかね。このときの「腹」は、頭でも心臓でもなく、「mind」なわけです。

そんなわけで、どうも日本人は「気」が病に影響をして、「腹」にくるもののようです。

ストレスでお腹の調子がわるいときに食べておきたいものメモ

「腹」にストレスがくるなら、腹に何か入れてやろうということで、意識して食べておきたいものをメモします。

メモ

  • みかん
  • グレープフルーツ
  • 三つ葉
  • ハーブ類
  • セロリ

いわゆる柑橘系と香草類、ハーブなど。これが、「リラックスによい」とされているそうです。

確かに、香りをかぐことで精神が安らぐことはありますね。

アロマテラピーは日本では雑貨の範疇ですが、海外では薬局で薬と同等に扱われていたりします。結構、効果があるものも多いようですよ。

自分なりのリラックスポイントをうまく作って、うまくストレスからするりと逃げて、心地よくいきたいものです。

-自分で養生をする, 自己肯定感アップワーク

© 2021 イロイロスルー