田舎のゆるミニマル

田舎ミニマリスト|一人暮らしにいらないもの:ラグ

一人暮らしにいらないものを考えてみる:ラグ、カーペット

ラグがあるとおしゃれですよね。床座もできるし。

でもミニマリスト目指すなら、「それって本当にいるの?」と常に問題提起しておきたいところ。

使いたいけど、なーんかひっかかる、ラグのポイントをまとめてみました。

ラグが嫌な理由①:掃除が面倒になる

一番はこれです。掃除が面倒。

ラグ自体がまず掃除しづらい。掃除機かける?掃除機もかけづらい。

そもそも掃除機やめようと思っているので、そうなるとほうきで掃く?ポテチの粉でも盛大にこぼさない限り、面倒じゃない?

あとは洗うことですが・・・ラグなんて、週に何回も洗いますか?いいところで月に一回、ワンシーズンそのままじゃないでしょうか。

とくに冬のラグなんて毛足が長いものが多いし、乾かすのも重労働だし・・・

ラグの下のフローリングの汚れがどうなってるのかとか、考えたくありません笑

ラグが嫌な理由②:インテリアとのコーディネートが難しい

ラグって、難しくありませんか?これは私だけかも知れないけど笑

模様替えに手っ取り早いのがカーテンとラグです。でもカーテンは結構いいお値段するから、それなら安いラグで・・・となる。

だけど今のインテリアに合うのって、どんなラグ?おしゃれな海外っぽいデザインのは、一気に部屋が変わっちゃいそうでこわいし・・・無難な、無地のラグにしておく。そうするとあんまり、おしゃれじゃない笑

ラグをやめてみる方法2つ

ラグをやめてみるとして、方法は2つあるなと思いました。

  1. 一気に全部やめてみる
  2. 少しだけやめてみる

それぞれの方法を考えてみます。

①一気にラグをやめてみる

一番いさぎよいのがこれ。もうフローリングの生活にする!

掃除は一気に楽になるし、部屋がすっきりした印象になります。

ポイントは部屋の床にモノを置かないことですよね・・・「死んでも床にモノを置かない」って本もありました。

②少しだけやめてみる|お客さんが来たときだけラグを敷く

私はこっちにしようかなーなんて思っています。

お客さんがきたとき、床座は楽なんですよね・・・とりあえずローテーブルとクッション置いておけばいい、と思っている笑

そうなると滅多にラグは使わなくなるので、通年で使えるデザインが欲しい。

こんなやつがいいかな、と目を付けています。キルト地って北欧ぽくて良いですよね!

ラグマット キルトラグ 北欧 おしゃれ グリーン 緑 洗える ラグ デザイン キルティング シンプル グレー カーペット マット ダイニングラグ キルト キルティングラグ リビングラグ センターラグ スウェットラグ

価格:3,840円
(2020/11/7 06:04時点)
感想(138件)

こんな感じ。

うまーく付き合って、快適に過ごしたいものです。

-田舎のゆるミニマル

© 2021 イロイロスルー